第28回演奏会
::Topics

32回演奏会の湯浅譲二「ピアノ・コンチェルティーノ」のソリストは長尾洋史氏に決まりました。(2016.12.19)

32回演奏会は「コラージュ・秋山邦晴」です。(2016.11.9)

31回演奏会は「鈴木秀美が振る 20世紀の三章」です。(2016.10.20)

野平一郎が、2016年6月にオーケストラ・ニッポニカのミュージック・アドヴァイザーに就任いたしました。29回演奏会プログラムに掲載した野平一郎ご挨拶は、こちらでお読みいただけます。

30回演奏会のご案内を開始しました。(2016.7.27)

29回演奏会は無事終了いたしました
2016年7月10日のオーケストラ・ニッポニカ第29回演奏会は無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました。(2016.7.25)

ニッポニカTwitter、Facebookをご覧下さい
ニッポニカの日々の活動の様子は、ニッポニカ公式Facebookページ、Twitterでご案内しています。(2013.03.12)
ニッポニカ公式Facebook
ニッポニカ公式Twitter
ニッポニカメンバーによるブログもご覧ください。
::Spotlight

芥川也寸志の夢
九州・沖縄の作曲家たちによる交響作品展

『芥川也寸志メモリアル オーケストラ・ニッポニカ』は、作曲家であり幅広い社会活動家であった芥川也寸志が1976年に始めた日本の作曲界の先達の管弦楽作品を発掘し演奏する『運動』を引き継ぐ意思をもって、14年前に創設されました。失われ、あるいは傷んだオーケストラ演奏用譜の復刻・校訂を行ない、日本の作曲史上における作品の再発見、再評価の機会を提供するとともに、録音を残し、またこうした再演を容易にする為に譜面、プログラム資料などが東京音楽大学付属図書館の協力を得てアーカイヴされています。更にこうした活動と並行して、同時代に生きる作曲家への作品委嘱を、演奏家が果たすべき重要な責務であるとの観点から、アジア各国と音楽交流の機会があるごとに行ってきました。
高橋アキ 30回演奏会指揮:野平 一郎 のだいら いちろう
1953年、東京生まれ。
東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学、大学院修士課程を経て、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。この間作曲を永冨正之、矢代秋雄、間宮芳生、ベッツイー・ジョラス、セルジュ・ニグ、ピアノ及びピアノ伴奏法を村井貞子、堀江孝子、高良芳枝、アンリエット・ピュイグ=ロジェ、ジャン・ケルネルの各氏に師事。卒業後は、ダルムシュタット、シエナ、エクサン・プロヴァンスの各講習会で学ぶとともに、イティネレールやIRCAMに於いて電子音響音楽やコンピュータ音楽を学ぶ。

::Pickup

あなたもニッポニカの仲間になりませんか?
詳しくはこちらから。

東京音楽大学付属図書館サイトへ
『東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ』とそのコレクションについて
ニッポニカでは2014年より、演奏に使用した楽譜等の資料の一部を東京音楽大学付属図書館に寄託しております。
『東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ』のサイトへは、下のバナーからどうぞ.
東京音楽大学付属図書館サイトへ

オーケストラ・ニッポニカ演奏会ライブCD
池野石井CD 池野成/ ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木/ アフロ・コンチェルト他
20回演奏会CD 山田和男/ もう直き春になるだらう、大管絃楽の為の交響的「木曾」他
17回演奏会CD 芥川也寸志/ 「ヒロシマのオルフェ」、音楽と舞踏による映像絵巻「月」
第18回演奏会CD 「日本近代音楽館」へのオマージュ 伊福部昭/ 管絃樂の為の音詩「寒帯林」 深井史郎/ 「平和への祈り」
第16回演奏会CD 芥川也寸志/子供のための交響曲「双子の星」ほか
第14回演奏会CD 「日本の交響作品撰集」林光/交響曲ト調ほか