第38回演奏会
::Topics

ニッポニカでは設立20周年記念連続演奏会Uの、チケット販売を昨日より開始いたしました。
この回の演奏会の指揮は野平一郎ミュージック・アドヴァイザー、ソリストは阪田知樹さんです。
尚、新型コロナ感染症の先行きは不透明と言わざるを得ないですので、感染拡大状況の推移によっては、政府・自治体の方針、関係機関や会場の紀尾井ホールのガイドラインなどをふまえて、販売を打ち切る場合があることをご了承ください。
今回もU25席を扱いますが、当日窓口販売のみとなります。くわしくは、公式HP内チケット情報をご覧ください。
(2022.09.21)

【メディア掲載のお知らせ】
創立20周年についての取材記事及び7月に開催された第40回演奏会の批評記事、さらに7月に発売されたCDについての記事が掲載されました。
「東京人」 2022年4月号 2022年おすすめ公演情報欄(設立20周年記念演奏会I)
「サラサーテ」2022年8月号 Topics欄(「オーケストラ・ニッポニカ クラウドファンディングで運営費を募る」)
東京新聞 2022年7月12日夕刊(「現代に響く国内作曲家の音色」野平一郎ミュージックアドヴァイザーへのインタヴュー)
レコード芸術 2022年9月号 新譜月評・現代曲欄「松村禎三/交響作品集」(特選盤)
読売新聞 2022年8月12日夕刊(評:オーケストラ・ニッポニカ第40回演奏会)
朝日新聞 2022年8月18日夕刊 for your Collection欄「松村禎三/交響作品集」(推薦盤)
(2022.09.10)

芥川也寸志メモリアルオーケストラ・ニッポニカのクラウドファンディングは、昨日、目標をはるかに超えて終了いたしました。最終日まで、本当にたくさんの熱いご支援をいただき、ありがとうございました。
この約2ヶ月の間、たくさんのご支援だけでなく、たくさんのお心のこもった応援メッセージをいただきましたことは、望外の喜びでした。私どもの活動を普段ご存じない方から、あたたかい励ましや本気の叱咤のお言葉をいただくとは想像もしておりませんでした。
こうして私どもの活動に心を寄せてくださる方々のお声に触れられ、改めてこのクラウドファンディングに挑戦して良かったとの思いを強くしました。
今後もいただきましたご厚志に応えられるよう、気持ちも新たに活動に励んでまいります。重ねてになりますが、みなさまからのご支援に心より御礼を申し上げます。
ありがとうございました。
(2022.09.01)

この度、オーケストラ・ニッポニカ第38回演奏会 <松村禎三交響作品展>が、「第21回佐治敬三賞」を受賞致しました。
大変光栄なことでありますし、設立20年を迎える年にこの上ない励ましを頂くことになり、望外の喜びでございます。
野平一郎ミュージック・アドヴァイザー、ソリストの渡邉康雄さん、演奏に力を貸して下さった方々、厳しい状況の中で来聴くださったお客様、活動を支えてくださっている全ての方々に感謝申し上げます。
https://www.suntory.co.jp/news/
article/sfa0053.html

栄えある賞を頂いたことに力を得、今後ますます活動を充実させるよう、精進してまいります。
(2022.04.04)


オーケストラ・ニッポニカはこれまでに開催した演奏会のプログラム冊子バックナンバー を、ウェブサイトを通じてお頒けすることにいたしました。
詳しくはこちらをご覧ください。(2020.12.01)

ニッポニカTwitter、Facebookをご覧下さい
ニッポニカの日々の活動の様子は、ニッポニカ公式Facebookページ、Twitterでご案内しています。(2013.03.12)
ニッポニカ公式Facebook
ニッポニカ公式Twitter
ニッポニカメンバーによるブログもご覧ください。
::Spotlight

設立20周年記念連続演奏会 T〜V
私どもオーケストラ・ニッポニカは、お陰様で本年度設立20周年を迎えます。
この設立20周年を記念して3回の連続演奏会を企画し、日本の管弦楽作品の多彩な魅力を存分に味わいつつ、管弦楽作品の創作の歴史を俯瞰できるようにと、プログラミングいたしました。委嘱作品の世界初演、昨年譜面が発見された作品の日本初演、90年ぶりの再演となる作品など、意欲的な選曲をしておりますので、それぞれの演奏会は単独でも、お楽しみいただけること請け合いです。
12月の連続演奏会II(41回)では、日本人の初めての「本格的な」交響曲と目されている諸井三郎「交響曲2番」をメインに、個性豊かな作品を集めました。それぞれ芥川作曲賞や尾高賞などを受賞しながら、再演の機会は限られています。糀場作品のピアノには、若手精鋭の阪田知樹さんをソリストに迎えます。チケット販売は9月20日から、プレイガイド(チケット情報参照)でお求めください。

鈴木秀美 野平一郎/指揮
神戸生まれ。「東京藝術大学、同大学院修士課程修了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。在学中より作曲・ピアノ・指揮・プロデュース・教育など多方面にわたる活動をおこなう。ピアニストとしては内外のオーケストラにソリストとして出演する方くの国際的名手たちと共演し、室内楽奏者としても活躍。レパートリーは古典から現代まで幅広い。近年はコンチェルトの弾き振りや、自作自演を含めた指揮活動も多い。90枚を超すCDをリリース、その中にはベートーヴェンやモーツァルトのピアノ・ソナタ全集、武満徹や湯浅譲二のピアノ作品全集、間宮芳生のオペラ「ニホンザル・スキトオリメ」、自作、演劇的組歌曲「悲歌集」などが含まれる。


務川敬語 阪田知樹/ピアノ
2021年エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門第4位入賞。2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー・ブダペスト)第1位、6つの特別賞。
第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにて弱冠19歳で最年少入賞。
ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、聴衆賞等5つの特別賞、クリーヴランド国際ピアノコンクールにてモーツァルト演奏における特別賞、キッシンジャー国際ピアノオリンピックではベートーヴェンの演奏を評価され、日本人初となる第1位及び聴衆賞。

::Pickup

演奏会実施に向けた指針

ご来場に際しまして

スキトオリメ特設サイトへ
スキトオリメサイトへ

団員募集
あなたもニッポニカの仲間になりませんか?
詳しくはこちらから。

東京音楽大学付属図書館サイトへ
『東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ』とそのコレクションについて
ニッポニカでは2014年より、演奏に使用した楽譜等の資料の一部を東京音楽大学付属図書館に寄託しております。
『東京音楽大学付属図書館ニッポニカ・アーカイヴ』のサイトへは、下のバナーからどうぞ.
東京音楽大学付属図書館サイトへ

東プログラムバックナンバーへ

オーケストラ・ニッポニカ演奏会ライブCD
スキトオリメCD ※新譜(2022/7/22発売)
松村禎三: 交響作品集
指揮/野平一郎 ピアノ/渡邉康雄
スキトオリメCD
間宮芳生/ オペラ「ニホンザル・スキトオリメ」
指揮/野平一郎
芥川CD 芥川也寸志/ 交響曲第1番 交響三章
指揮/鈴木秀美
池野石井CD 池野成/ ラプソディア・コンチェルタンテ 石井眞木/ アフロ・コンチェルト他
20回演奏会CD 山田和男/ もう直き春になるだらう、大管絃楽の為の交響的「木曾」他

CD情報へジャンプします