ミュージック・アドヴァイザー:野平一郎
ミュージック・アドヴァイザー
野平一郎のだいら いちろう
東京藝術大学、同大学院修士課程修了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。在学中より作曲・ピアノ・指揮・プロデュース・教育など多方面にわたる活動をおこなう。ピアニストとしては内外のオーケストラにソリストとして出演する方くの国際的名手たちと共演し、室内楽奏者としても活躍。レパートリーは古典から現代まで幅広い。近年はコンチェルトの弾き振りや、自作自演を含めた指揮活動も多い。90枚を超すCDをリリース、その中にはベートーヴェンやモーツァルトのピアノ・ソナタ全集、武満徹や湯浅譲二のピアノ作品全集、間宮芳生のオペラ「ニホンザル・スキトオリメ」、自作、演劇的組歌曲「悲歌集」などが含まれる。140曲に及ぶ作品の中には、フランス文化庁、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、IRCAM、国立劇場からの委嘱作品があり、近作では「祝典序曲」(ケント・ナガノ/モントリオール響)、『管弦楽のための「時の歪み」』(杉山洋一/東京都響)、現在進行中のNHK交響楽団との3回に亘る新作発表のプロジェクト「シズオカ・トリロジーT」「同U」(静岡グランシップ)、室内オペラ「亡命」(サントリーホール)などを発表、いずれの作品も圧倒的な成功を収めた。第13回中島健蔵音楽賞(1995)、第44回尾高賞、芸術選奨文部大臣新人賞、第11回京都音楽賞実践部門賞(1996)、第35回サントリー音楽賞(2004)、第55回芸術選奨文部科学大臣賞(2005)を受賞。日本芸術院賞(2018)を受賞。2012年春には紫綬褒章を受章。現在、静岡音楽館AOI芸術監督。東京藝術大学名誉教授、東京音楽大学教授。
2016年6月よりオーケストラ・ニッポニカのミュージック・アドヴァイザーに就任。
主要作品:
7楽器のための「錯乱のテクスチュアI(1982)
フルートとピアノのための「夜は白と黒で」(1988)
金管と打楽器のための「織られた時」(1990)
ピアノと8弦楽器、リアルタイム・コンピュータのための「挑戦への14の逸脱」(1991)
ピアノとリアルタイム・コンピュータのための「挑戦への9の逸脱」(1993)
オーケストラのための「室内協奏曲第1番(1995) 
雅楽「内なる旅」(1996)
エレキギターと管弦楽のための「炎の弦」(2002)
ピアノとコンピュータのための「Ludwig van sampling!(2003)
冬の四重奏曲(2004)
オペラ「マドルガーダ」(2004-05)
オーケストラのための「トリプティーク」(2006)
チェロと管弦楽のための「響きの連鎖」(2006)
混声合唱のための「フランスの7つの詩」(2009-10)
サクソフォンと電子音響のための「息の道」(2012)
ハープとアンサンブルのための「彼方、そして傍らに」(2012)